アーカイブ | 7月 2016

ヒアロモイスチャーってなに?

キユーピーといえば、マヨネーズをはじめとする調味料の会社として有名ですが、
栄養補助食品やスキンケア商品を通信販売していることについては知らない人が意外と多いのではないでしょうか。

 

そのキユーピーが日本初の機能性表示食品として発売したのがこの「ヒアロモイスチャー」なのです。
肌の潤いを保つための成分である「ヒアルロン酸ナトリウム」を主成分としており、これを摂取することで体の内側から肌を潤いあるものにすることができるのです。
これまでスキンケア製品といえば化粧液やクリームなど、肌に塗布することで潤いある肌を作りだすような、体の外側から肌をケアする製品が主流でした。
このヒアロモイスチャーは体の内側から肌をケアする画期的な製品で、
マヨネーズ製造の老舗ならではの技術を生かしてヒアルロン酸ナトリウムの安定的な製造を可能にした、
キユーピーならではの機能性表示食品だといっていいのではないでしょうか。

乾燥が気になり始めた方にオススメ!潤い実感できます

 

上にも書きましたが、ヒアロモイスチャーの主成分であるヒアルロン酸ナトリウムは、摂取することで体の内側から肌に潤いを与える効果があるのです。
冬場は湿度が低くなる地方が多いため、どうしても皮膚は乾燥しがちになってしまいます。
化粧液などでケアするとしても、肝心の空気が乾燥しているのですからかなり厳しいものがあります。
ところが、ヒアルロン酸ナトリウムを1日当たり120ミリグラム摂取し続けることで、
3週間後には皮膚の水分量が摂取していない人の3倍にもなってくれるという実験データがあるのです。
ヒアロモイスチャーには、このヒアルロン酸ナトリウムが1粒当たり60ミリグラム、1日の所定量である4粒ならば240ミリグラムも含まれているのです。
これならば空気の乾燥に左右されることなく、潤いのある肌を保つことができるようになるでしょう。
後述しますが、肌は加齢によって乾燥しやすくなります。
肌の乾燥が気になり始めたお年頃の人に、ヒアロモイスチャーはオススメできます。

 

ヒアルロン酸が低下すると起きる症状

 

上にも書きましたが、ヒアルロン酸ナトリウムが足りなくなると、肌は潤いを保つことができず、乾燥してしまいます。
実はヒアルロン酸ナトリウムの減少は、年齢と大きな関係があるのです。
若いころは皮膚に十分なヒアルロン酸ナトリウムがありますので、みずみずしい肌を保つことができます。
ところが40歳を超えると肌のヒアルロン酸ナトリウムの量が減少していき、40代後半だと20代の半分程度になってしまいます。
皮膚の潤いがなくなってしまった結果、皮膚が柔軟性を失ってもろくなり、白い粉がふいたような状態になってしまいます。
これを乾燥肌といい、皮膚のかゆみをはじめとする炎症の原因になってしまいます。
肌の弾力性が失われ、化粧のノリも悪くなってしまうのです。
こうならないためにも、ヒアルロン酸ナトリウムを積極的に摂取する必要がありますし、それを可能にしてくれるのがこのヒアロモイスチャーなのです。

大手食品メーカーの商品だから安心できるヒアロモイスチャー

 

上にも書きましたが、キユーピーはマヨネーズをはじめとする調味料を販売している大手食品メーカーです。
知らない人はほとんどいないのではないかというほどの大手だといっていいでしょう。

 

しかも、大正8(1919)年設立の老舗でもあります。このため、食品製造に関する豊富なノウハウを持ちあわせています。

 

例えば、同社の看板商品であるマヨネーズの製造に必要になってくる食酢の醸造技術もその1つです。
キユーピーのヒアルロン酸ナトリウムの製造技術は、この食酢の醸造技術を応用したものなのです。
キユーピーのヒアルロン酸ナトリウムの生産量は国内トップシェアを誇っていますが、
これは上記の製造技術によって質の高いヒアルロン酸ナトリウムを安定して製造できるからなのです。
ヒアロモイスチャーは大手食品メーカーの高い技術力があってこその製品で、それだけに安心して摂取することができるのではないでしょうか。

投稿日: 2016年7月20日 カテゴリー: 未分類