わたしはいつも手のひらや指の腹を上手に使いながらスキンケアをしています。

肌を整えるためにわたしは自分の手のひらを使っています。たとえば化粧水を使うとき、わたしは手のひらを使って化粧水を顔につけます。よくコットンに化粧水を適量しみこませてそれを顔につけている人がいますが、わたしはコットンは使いません。肌にコットンの繊維が残るのが気になるのでコットンは使えないのです。自分の手のひらを清潔な状態にして、化粧水を手のひらのくぼみに数滴垂らします。このくらいの量の化粧水でも手のひらで顔につけると十分なのです。コットンに化粧水をしみこませると結構な量を使ってしまってもったいないです。不経済なところも気になるので、手のひらで化粧水を肌になじませています。美容液などは指の腹を使っています。細かい部分は綿棒を使うときもありますが、だいたい指の腹を使って肌になじませます。体温でほどよく温度が上がるので肌にすんなりなじみます。そういう点でも手のひらや指の腹を使ってスキンケアをしています。